1. 大阪でも場所によって違いがある!エリア別に特徴を解説

大阪でも場所によって違いがある!エリア別に特徴を解説

同じ大阪でもエリアによって差がある

 

大阪は複数のエリアに分けられますが、お店の特徴や価格帯、客層などがが異なる特有の顔を持っています。
キャバクラもエリアにより特徴や傾向が異なるため、同じことが言えます。
大阪と一口に言っても非常に広く、キャバクラもエリアごとにお店の雰囲気や客単価、価格帯が違うため注意が必要です。

今後キャバ嬢として働く場合、こうしたエリアの違いも考慮することが大切です。
自分の思っていたお店と違った、という状況におちいる可能性もありますので、しっかり違いを把握しておきましょう。

【繁華街エリア】北新地・ミナミ・梅田

 

大阪の代表的な繁華街はキタとミナミに分けられます。
梅田周辺も一つの街を形成していますが、これらのエリアにあるキャバクラは傾向が異なっています。

北新地エリアにあるキャバクラ

全体的に高級店が目立ちます。
客単価や料金が他と比べて高めで、客層もお金に余裕がある人が多くなっています。
大阪の中では給料水準も高く、稼ぎやすいエリアです。

ミナミエリアにあるキャバクラ

リーズナブルなキャバクラが目立ちます。
小箱が主流で、アットホームなお店が多いのも特徴です。
給料や客単価はキタほど高くはありませんが、居心地などを重視するなら最適なエリアです。
客層は若い人がメインのため、キタとは違う営業が求められます。

梅田は高級店が主流ですが、料金の手頃なお店も点在しています。
ちょうとキタとミナミの中間的なエリアであり、客層もお店により様変わりします。
小箱~大箱まで様々なキャバクラがあり、給料などもお店次第と言えます。

【繁華街以外のエリア】京橋・西中島・江坂など

 

大阪は繁華街以外にもキャバクラが点在しています。
京橋を始めとするエリアは、小箱~中箱のキャバクラが多い傾向にあり、給料はキタと比べても若干低めで、ミナミに近い水準になっています。

ただし、人気店なども点在していますし、売上の多いお店は稼げます。
これらのエリアは穴場とも言えるため、お店No1キャバ嬢を目指すことも難しくありません。
規模が小さいお店も多くて在籍するキャバ嬢も少なめのため、売れっ子を目指すのであれば候補に入ります。