1. 年齢が高い子におすすめ!「姉キャバ・熟キャバ」とは

年齢が高い子におすすめ!「姉キャバ・熟キャバ」とは

30代からでもキャバ嬢になれる?

 

キャバ嬢と言うと、ほとんどのお店では10代・20代が活躍しています。
売れっ子の人気キャバ嬢も同じような傾向にありますが、30代からキャバ嬢になることも不可能ではありません。
実際に30代・40代で活躍しているキャバ嬢もいます。

ただ、一般的なキャバクラの多くは20代前半~後半が主流です。
30代からキャバ嬢を始めるとなると、お店選びが重要なキーとなります。
お店の傾向やテイストを見極めて選ぶことになるでしょう。

20代後半~30代半ばなら「姉キャバ」

 

20代後半から30代のキャバ嬢が多いお店を『姉キャバ』と呼びます。
姉キャバは20代前半までのキャバ嬢がほぼおらず、在籍するキャバ嬢は30代前後が一般的です。
こうした姉キャバは30代でも働きやすいうえ、未経験でも始めやすい点がメリットになっています。

姉キャバはターゲットとなるお客さんの客層も高めです。
熟キャバほどではありませんが、30代~50代前後の男性がターゲットになっており、一般的なキャバクラとは少し違った接客・営業方法が求められます。
主に働き盛りの年代が多いため、お客さんごとに合わせた接客も必要になります。

また、姉キャバの雰囲気は高級感を演出したお店が多くなっています。
カジュアルな雰囲気のお店も中にはありますが、全体的には高級感を意識した造りです。
料金もやや高めですが、客単価も高めなことからしっかりと稼げます。

[大阪ミナミ]多数の店舗を展開するグループ店だから安心!

 
姉キャバ
chaussure Annex (シュシュール アネックス)
 

30代~50台と幅広い「熟キャバ」

 
画像引用サイト:http://www.yorumise.com/

もう一つ、30代からキャバ嬢を目指す人に最適な候補が『熟キャバ』です。
熟女のキャバクラ、という意味がありますが、実際に在籍するキャバ嬢の年代は非常に幅広く、姉キャバと同じように30代のキャバ嬢も少なくありません。
30代から50代程度まで働けるのが魅力であり、これが熟キャバの強みにもなっています。

熟キャバの客層も40代~70代と非常に幅広いです。
お客さんごとに接客を変える点は姉キャバと同じですが、落ち着いた雰囲気や会話術が重視されます。
カジュアルなキャバクラとは違い、ノリは大して求められませんので、トークが何よりも重要です。

なお、給料は一般的なキャバクラと同じく高めの水準です。
しっかり稼ぎたい人にも向いているでしょう。
お店の売上次第ですが、30代からキャバ嬢を目指すなら選択肢に入ります。

[大阪梅田]本気で稼ぎたい人妻、バツイチ、熟女が集う!

 
塾キャバ
玉響 -TAMAYURA-
 

30代以降は姉キャバ・熟キャバが最適

 

キャバクラは年齢ごとに様々なお店の形態があります。
20代までなら通常のキャバクラも候補に入りますが、30代なら姉キャバ・熟キャバがおすすめです。
姉キャバならキャバ嬢も同年代が多いため、お店の雰囲気や居心地も良いですし、熟キャバなら色んな年代のキャバ嬢との作れます。